疲れが取れない時の対処法を紹介

疲れが取れない時に大事なこと

こんにちは。徳ちゃんです。最近ずっと疲れ気味、疲れが取れないって時はありませんか?何をやるにも体が重い、集中できないなど、疲れがすっかり溜まってしまった時の対処法をご紹介したいと思います。

 

考えられる疲れの原因はほとんどが生活習慣の中にあります。

 

下記に疲れた取れないことと関係の深い4つの生活習慣のポイントについて取り上げています。

 

不規則な生活

睡眠との関係

疲労回復には充分な睡眠が欠かせませんので、忙しくても睡眠は1日7〜8時間は取りましょう。

 

また、睡眠はゴールタイムと呼ばれる22時〜2時の間にとっていることで疲労回復効果が高まります。遅くても0時には眠れるといいですね。

 

入浴との関係

入浴はシャワーで済ませるのではなく、湯船に浸かるようにして下さい。
熱いお湯が好きな方もいらっしゃるでしょうが、体の表面だけしか温まっていない場合があります。ぬるめのお湯に20〜30分浸かるのが理想的です。

 

体を芯から温めて血行が促進されることで疲労回復効果が高まります。

 

食事・食生活の乱れ

ビタミン不足

疲労回復にはビタミンが効果的で、疲れている時、睡眠不足のときはビタミンB群を積極的に摂りましょう。豚肉、レバー、まぐろ、かつお、うなぎ、にんにく、唐辛子、ニラ、ねぎ、納豆などに含まれています。

 

抗ストレス作用があるのはビタミンCで、ピーマン、キャベツ、にんにく、ブロッコリー、柿、イチゴなどに含まれています。

 

また、野菜をたくさん食べるように心がけましょう。食生活の改善が難しくサプリメントをとる場合は、マルチビタミン、マルチミネラルなどがいいと思います。

 

過度な飲酒

肝臓はアルコールの分解や、体内の毒を分解する働きをしており、アルコールの過剰摂取は肝臓に負担をかけています。

 

負担のかかった肝臓が機能を低下させてしまうと、体内での解毒がうまくいかず、疲労感や食欲不振といった症状が出てきます。

 

肝臓は沈黙の臓器と言われていますので、いつの間にか肝疾患になり進行していることもあります。

 

明らかな異変があれば病院にいきましょう。

 

蓄積されるストレス

個人差はあっても、誰もが抱えているのがストレスで、健康に大きな影響をもたらします。

 

運動

体を動かすことでストレス解消になります。

 

ハードじゃなくてもいいですから、体を動かす機会をつくりましょう。自宅でできるストレッチやヨガ、ウォーキングなら始めやすいと思います。

 

 

リラックス

リラックスすることは、ストレスや疲れをとるのに有効です。アロマオイルや、入浴、足浴など体を温めることでリラックス効果があります。温かいタオルを首に巻くだけでも効果があります。

 

ストレス解消方法は人によって違うと思いますが、好きなことをやるのが1番いいのかもしれません。自然に身をおくのが好きな方は散歩や旅行をするなど。

 

個人的な意見ですが、人には適応能力があるからストレスがかかるのかもしれないと思います。適応することで感じるストレスもあれば、適応できないことで感じるストレスもあるのかもしれないですね。適応しようとすることがストレスでもあります。

 

疲れの原因は心の病気かもしれませんから、疲れが取れずやる気が起きない、不安感があるといった日々が続くようでしたら心療内科に行ってみましょう。

 

 

 

お役立ちリンク